名義変更をするために用意するべきもの

事前に用意しておくもの

自分で手続きを行うにしても業者に依頼するのだとしても、気をつけなければならないのは必要な書類を揃えるためには時間がかかる場合もあるということです。
名義変更とともに車を駐車する場所が変わるのであれば、一般的に車庫証明と言われる自動車保管場所証明書を取得しておく必要があります。
これは最寄りの警察署で発行してもらうものなのですが、交付されるまでには3日~1週間の時間が必要だと言われているのです。

また新しく車を保管する場所が賃貸の場合には、不動産会社や土地の持ち主に連絡して駐車スペースの使用承諾書をもらっておかなければなりませんので、書類の準備は余裕をもって始めておいた方がいいでしょう。
しかし自動車保管場所証明書については早めに用意しておいた方がいいとはいえ、手続きの際に有効なのは発行されてから1ヶ月以内のものという制限がありますので注意しましょう。

名義変更にかかる費用

中古車センターなどで車を購入するのであれば、名義変更に必要な費用もすべて含まれた状態で見積額が提示されますのであまり気にならないかもしれません。
ところが個人間での取引において自分で手続きをする場合には、その都度自分で諸費用を支払う必要があるのです。

新たに車を手に入れた場合、普通自動車であれば登録手数料と申請書代や車庫証明取得費用で約数千円かかり、あとは自動車取得税や必要に応じてナンバープレート代の支払いが発生します。
これがもし軽自動車なら手数料の数百円と必要に応じてナンバープレート代だけで済むと言いますから、かなり経済的です。
もしそれらの一切の手続きを業者に依頼するのであれば実費に加えて代行手数料が発生し、その金額は業者によって様々だといわれています。