車の排気量によって異なる手続き方法

普通自動車と軽自動車の違い

軽自動車の名義変更手続きは普通自動車の場合に比べて簡素化されていて、費用も安くなっているのが特徴です。
中でも大きく異なっているのは、軽自動車の場合は実印が不要なので印鑑証明を用意する必要がないという点ではないでしょうか。

また、地域差はあるようですが車庫証明についても違いがあるようです。
軽自動車であれば根本的に車庫証明が不要だとする地域や、名義変更のときには不要でも後になって必要になる場合など地域によって様々だといいますので、忘れずに確認するようにしましょう。
軽自動車なら、警察署で申請をするだけで車庫証明の手続きが完了するというのも魅力のひとつです。

これらの手続きを業者に依頼するとき、普通自動車であれば実印と印鑑証明、委任状などが必要になるところ、軽自動車の場合は認印を押した申請依頼書と新しい所有者の住民票、そして対象車があればいいといいます。

自動車保険の名義変更も行っておこう

自動車の名義変更をする際には、あわせて自動車保険の名義変更も必要になってきます。
強制保険と呼ばれている自賠責保険はもちろんのこと、任意保険の名義変更もしておきましょう。
自動車保険というものはあってはならない万が一の事態に備えて安心のために加入しておくものですので、いざという時の補償がきちんと受けられるような状態にしておくことが重要です。

たとえば同居している親族に車を譲渡するのに合わせて、任意保険の名義も変更することになったとします。
その場合は保険の契約者が変更されることになると思いますが、等級はそのまま引き継ぐことができることになっています。
さらに配偶者に限っては、同居していなかったとしても等級の引継ぎが認められているそうです。