車の名義変更をしないとどうなるのか

個人で取引をする危険性

手数料を差し引かれることもなく車の受け渡しが可能な個人取引ですが、身内や友人などの信頼できる相手ではなかった場合にはいろいろな問題が出てくるかもしれません。

個人売買を行った際の問題として一番多いのは名義変更に関することだと言われています。
名義変更というのは新しく所有者になった人が行う手続きのことなのですが、忙しくて時間がないような場合には代行してくれる業者などに手続きを依頼してもいいかもしれません。
いずれにせよ中古車の売買契約がまとまったら速やかに手続きを行うことが大切です。
様々な理由からそのままにしてしまうと自動車税の納付通知書が元々の所有者に宛てて送られてしまい、トラブルの原因となってしまう可能性もありますので注意しましょう。

直接取引をすることのメリット

今までなら、車を手放す際には中古車センターに持ち込んで査定してもらうというのが一般的であったような気がしますが、情報化が進んだ現代においてはオークションに出品したりマッチングサイトを利用して買い手を探したりする個人売買が多くなってきました。

取引の過程に業者を介入させなければ手数料が発生することもありませんから、売り手は高値で車を売ることができますし買い手も必要最低限の費用で希望の車を手に入れることができるというメリットがあります。

中古車センターのような業者を挟むことで取引が円滑に行われるというメリットも考えられますが、個人で取引をすれば自分の愛車の行く末を見届けることができるという嬉しい一面もあります。
縁あって車好きの売り主と買い主が出会うことができたら、さらに交友関係が広がっていくことも期待できそうです。