• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

車の名義変更をしないとどうなるのか

時代とともに専門の中古車業者を間に置かず、売り主と買い主が直接交渉をすすめて中古車の売買や譲渡を行うことが増えてきました。 双方の責任において名義変更などの手続きを進めていくことになる個人間での取引の際には、どのようなことに注意が必要なのでしょうか? Read More

個人取引を成功に導くコツ

自動車の所有者に変更があった場合には、名義変更と言われる移転登録の手続きが必要になります。
法律上では変更があってから15日以内に届け出るように定められていて、これが守られなかった場合には50万円以下の罰金が科せられてしまうといいます。
しかし、結婚したりして苗字が変わったとしても名義変更の手続きをせずそのままの状態で車に乗り続けている人は多いのではないでしょうか?
そうなると厳密に言えば法を犯していることになってしまうのですが、実際のところは警察がすべての違反を取り締まることは不可能な状態なので黙認されているようです。

氏名が変わったとしても同一人物が使用している間はそれほど大きな問題にはならないようですが、将来的にその自動車を廃車にしたり他人に譲ったりして名義変更が必要になった場合には、そのままという訳にはいかないので注意が必要です。
一旦、自分の正しい名義に変更しなければなりません。
しかし、引っ越してから5年以上が経過しているような場合には住民票の除表が通常通りの手続きで簡単に取得することはできなくなっていることも考えられます。
いずれは必要になる手続きなのですから、15日以内は無理だとしてもできるだけ早く名義変更を行っておくことをおすすめします。

名義変更を行う際には業者に依頼する方法と自分で行う方法とがありますが、そのどちらを選ぶのかによって必要な書類も違ってきますし、名義変更したい車が普通自動車か軽自動車かによっても手続きの方法は異なってくるので、自分の状況に合った手続き方法をよく確認するようにしましょう。

車の排気量によって異なる手続き方法

普通自動車に対して軽自動車とは排気量が660cc以下で定員が4人以下の小さい自動車のことをいいます。 同じ自動車でも、この違いによって名義変更の手続き方法や必要な書類が異なってくるのです。 ここからは名義変更手続きにおける普通自動車と軽自動車の違いについて見ていきましょう。 Read More

名義変更をするために用意するべきもの

名義変更をする際には陸運支局や自動車検査登録事務所、軽自動車検査協会などに出向いて手続きをすることになります。 事前に用意しておく書類の中には即日交付してもらえるような住民票や印鑑証明書などもあれば、発効までに数日を要するようなものもありますから余裕を持って書類を集める必要があるのです。 Read More